子供の外反偏平足

この靴、みてください!!

明らかに傾いているの分かりますよね。

ソール(靴底)の内側がかなりすり減っています!

 小学校用の靴で、なんと3ヵ月くらいしか履いていないとか・・・

 

この子は外反偏平足気味ということが分かります。

 

【外反偏平足とは?】

足を後ろから見たときにカカト(踵骨)が内側に倒れている状態です。

 

イラストで見たら、

  という感じです。

 

 

 【外反偏平足だとどうなる可能性がある?】

・土踏まずが不十分で歩行が安定しにくい

・姿勢に影響

・外反母趾など足趾の変形

・モートン病、タコやマメの併発

・膝への負担増加

などが挙げられます。

 

【快足屋でできることは?】

カカトの倒れこみを抑える靴と、土踏まずをサポートするインソール(中敷き)が効果的です。

フィット感、サポート力を高めて、足に合った靴の状態にしてあげると、とても歩きやすくなり疲れにくくなります。

快足屋では足の状態に合わせたオーダーインソールを使いますので効果も高いです。

 

子供の足は柔らかいぶん、靴の影響を受けやすいのです。

また成長期での関節や筋肉にかかる負担軽減につながります。

後々に起こりうるリスクを回避しておかないと「今はいいや!」と思っていても青年、壮年期になって必ず負担がかかってくる可能性が大きいのです。

 

子供の外反偏平足って以外と多いのです。

気付いていないケースも多いので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 快足屋channel 

「さあ、いっしょに歩こう!」