~コラム~ 足と靴と健康 その②

前回は足の骨のことを書きましたが 今回はその骨の並びから形作られるアーチについて書いてみます。
 
 
①アーチって何?
  • 歩くときに足には体重の何倍もの衝撃がかかります。
  • その衝撃を和らげるために備わっているのがアーチと呼ばれ弓なりに並んだ足の骨格によって作られます。
  • 足には内側の縦アーチ(土踏まず)、外側の縦アーチ、そして指の付け根を横に走る横アーチと3つのアーチがあります。
②アーチの役割
  • アーチは筋肉とじん帯に支えられて弓なりになっていてこれが“バネ”となります。
  • 歩く時の衝撃を吸収すると同時にこの“バネ”が次の一歩を踏み出す時に働きます。
 
③アーチが崩れるとどうなる?
  • もし、アーチが崩れて上手く働かなくなると衝撃を吸収できず ストレートに膝、腰に響いて背骨を伝って頭にまで達します。いろんなところに痛みを感じるのは足元からくるものかもしれません。
 
④アーチを守るためには
  • 自分の足に合う靴を履くことは最も重要
足に合わない靴は身体に悪影響を与えます。一人ひとり足はすべて違います。
サイズなど数字では表せない違いがたくさんあるので「自分の足」を知ることはとても重要でトラブル回避の近道かもしれません。
・靴の選び方を考えてみる
足にはアーチが必要なのに靴の底がフラットだとどうでしょうか?
足裏と靴底の間に隙間ができてしまいその隙間に合わせるように足が倒れこみ
アーチは崩れてしまします。
  • インソールでアーチをサポート
自分の足裏と靴底がぴったりフィットする靴はなかなかめぐり会えません。
インソールを使って足にぴったりフィットさせることでアーチを支えながら
足の構造 そして姿勢やバランスを整えるサポートに役立ちます。
 
快足屋ではお客様一人ひとりの足に合わせる「オーダーメイドインソール」も取り扱っております。 インソールについて詳しくはこちらのページもご覧ください。
次回は靴のサイズについて。 重要だけど間違っていること多いです!!
靴で健康が保てたら嬉しいですね