着圧ソックスはなぜ「むくみ」によいの?

足のむくみは1日のうち時間がたつにつれてどくなっていく傾向がありますよね。
そもそも、何故むくむのでしょうか?
着圧ソックスがむくみに何故よいのでしょうか?
むくみのメカニズムから考えていきます。
人間の体は、血液が心臓から血管(動脈)を通って送り出され、酸素や栄養を無数の
細胞まで届けると同時に細胞から排出された二酸化炭素や老廃物を回収して、
血管(静脈)を通って心臓に戻ります。
 
この流れの中で、足の先まで行って帰ってくる血液は、特に帰ってくるとき重力に逆らって戻ることになります。
そこで血液を心臓に帰すポンプの役割を果たすのがふくらはぎの筋肉なのです。 人間の下半身にはからだ全体の約7割もの血液が集まっていて、ふくらはぎの筋肉を動かすことで血液は心臓に帰っていきます。
 
それがたとえば長時間同じ姿勢でいてふくらはぎの筋肉を使わないような場合、老廃物等を取り込んだ血液がうまく帰っていかず滞ってしまうため、むくんでしまうのです。
 
その他、そもそも血液の流れが良くないから、ということもあります。
一番の大敵の「冷え」は血行不良から起こることが多く、足の先まで血液が循環しにくくなります。そのため血液やリンパの流れが滞ってしまい、むくみにつながっていくのです。
●なぜ着圧がむくみに良いのか?
 
着圧がむくみにいい理由ですが、1.ふくらはぎの筋肉のサポート
2.血液の流れのサポートと2つの面から考えることができます。
 
先述のように、女性は筋肉量が比較的少ないため、ふくらはぎの筋肉を着圧ソックスでサポートすることで、筋肉が血液を押し戻す力を増やし、むくみが軽減しやすくなります。着圧ソックスを履くと、おおかたの方が「あ、気持ちいい」といいますが、これはふくらはぎの筋肉をサポートしてくれるからかもしれません。
 
また着圧ソックスは、足の下から上に向かって血行が促されるように設計されているので、血液のポンプ機能のサポートができます。これにより、血液や老廃物の循環が促されるので足をすっきりさせてくれるのです。
ソックウェルは着圧段階を4段階に分け、足回りと足首はきつく、そこから段階的に圧を下げていますので、血液の押し戻しや老廃物の循環がしやすくなっています。
そのため例えば一日デスクワークで足をあまり動かさなかった、もしくはフライトで長時間動けなかったようなときでもむくみにくくなりますね。また押し戻しができるということは、つまりつま先まで血液が行き届きやすくなっているということです。
 
足の冷えは、冬だけでなく冷房が入る夏にも起こりがちですが、そんな足の冷えなどでお困りの方も、あまり冷えを感じずに過ごすことができますよ。
 
ソックウェルを履いてむくみを予防しましょう。