おうち時間

コロナウイルスの影響が出はじめてから1年。

まだまだ出口が見えないまま続いていますね。

そんな中で “巣ごもり” とか “おうち時間” なんていうワードがたくさん使われるようになりました。

おうちで過ごす時間が長くなり 生活に便利な家電や調理グッズが人気商品になったり 新しく趣味を見つけたり・・・

このブログを読まれているのは大半が女性だと思いますが男性の趣味である模型、プラモデルは人気商品の完売が相次ぎ生産が追いつかないとか。 作るためにはいろいろな工具が必要ですがそれらがまた品薄になったりなんていう話もあります。 このあたりも業種によってコロナでどう変わったか随分と差がありますね。

残念ながら旅行に行くこともできず 外出も自粛ムード お出かけする機会が減ってしまったから靴は・・・ 
いやいや そういうのばかりではありません。 歩く時間が減った今こそその歩くことや靴選びの大切さが身に沁みて感じられてじっくりと選びに来られる方がいらっしゃることも事実としてあります。

前置きはこれくらいにして “おうち時間 ですよ。

家事や趣味の時間はもちろんのことリモートワークで在宅仕事というのも増えています。
今日は快足屋ギャラリー店から寒さが厳しくなってきたのでネパール発のコンフォートシューズをご紹介します。快適なルームシューズや、ちょっとしたお出掛けのシューズ、オフィス用のシューズをお探しの方におすすめしたい一足をご紹介します。


greencomfort 17281

〈green comfort〉

1994年にデンマークで創業したコンフォートシューズブランドGreencomfort(グリーンコンフォート)。

1990年代、糖尿病やリウマチなど健康上の理由で多くの人々が快適で軽量な靴を必要としていることを感じ 現在ソールに使用している衝撃吸収素材に出会ったことがきっかけで、コンフォートシューズづくりをスタートさせました。

ふかふかのインソール

デンマークのコンフォートシューズブランドが手がける、フェルトのシューズ。家で過ごす時間はもちろん、ちょっとしたお出掛けにも履けるイン・アウトシューズとしても活躍します。

履き心地を重視したコンフォートシューズ

足を入れた瞬間から、そのフカフカとした履き心地の良さを実感するグリーンコンフォート。肉厚のフェルトのアッパーに滑りにくいラバーソールを合わせた作りです。インソールには4.5mmのブランドオリジナルインソール「Energy Sole」を使用。このインソールは整形外科で使用される材質で作られており、地面からの衝撃を吸収し柔らかく快適な履き心地を生み出すとともに、足のむくみや疲れを軽減してくれるという優れたインソールです。

ネパールの女性たちの手作りで、1人が1日に生産できるのは2足まで。ネパールの自社工場で作ったウールで、化学物質や合成物質を使用せず天然の石鹸水を使い、丁寧に時間をかけて作ることで柔らかくかゆみを感じにくい状態に仕上げました。ウールは冬はあたたかく、夏はさらっと蒸れない素材ですので、年間を通して履けるシューズ。さらにウールには天然の撥水機能があり、凹凸のあるしっかしとしたラバーソールを使っているので、ちょっとした外履きとしてもお使い頂けます。

greencomfort 17281 sign

よく見るとシューズの右のかかとに、ステッチがあります。これは作った方のサインのようなもの。出来上がった靴に最後に一人一人がサインのように刺繍しているもので、作り手の愛着を感じられます。

その他にも 快足屋おすすめの “おうち時間”  に最適なソックス SockWellも多数取り揃えております。
SockWell はこちらをご覧ください。⇒ SockWell商品ページ

 

今回ご紹介のgreen comfort  シューズは快足屋ギャラリー店のみで販売しております。 
サイズは36インチ 38インチ 39インチ(23.0cm 24.0cm 24.5cm)相当の3サイズとなります。

GALLERY Higashi