これが靴選びのポイントです。

試し履きの前に靴の作りをチェックしましょう。
 
靴を選ぶときは試し履きをしますが、その前に、靴自体の作りに注目しましょう。
紐靴、パンプス、サンダル、ブーツのどの靴にも共通する項目です。
しっかりチェックしましょう。
 
①前から約3分の1のところで曲がる
 靴を手に持って、前から3分の1のところで曲げてみま
 しょう。
 ここがスムーズに曲がらないと、靴としては不合格。
 歩くとき、うまく地面をけることができないからです。
 この部分が硬くてほとんど曲がらない靴も、また 靴の
 中央で折れ曲がる靴、 簡単にどこでも曲がるような柔
 らかい靴も避けましょう。
 
②かかと周りが硬くてしっかりしている。
 踵周りの作りが丈夫でないと、足をしっかり支えること
 ができません。 また、靴自体が型崩れしやすくなりま
 す。 踵周りは硬いぐらいが良いです。
 靴の踵を後ろから手で挟んで硬さを確かめてみましょ
 う。
 
③靴自体が傾いていないか、ぐらつかない
 ヒールが高いほど傾きやすいので、靴を後ろから見るこ
 とも重要です。
 ヒールが斜めになっていないか、履いたときぐらつかな
 いかをよく観察しましょう。
 
※快足屋ではお客様に合った紐靴、パンプス、サンダル等
 ご提案いたします。
 是非、お気軽にご相談下さい。