~コラム~気になる足のにおい対策

こんにちは(⌒∇⌒)
暖かい季節になると、気になり始めるのが足の臭い。足の臭いはしっかりケアして、自分や周囲にも不快な思いをさせず安心して人前で靴を脱ぎたいですよね。今回は足の臭いの原因や対策を紹介します。
 
【足の臭いの原因となるのは雑菌の繁殖】
私たちの足には、たくさんの雑菌が住みついています。そして、足の臭いの正体となるのがこの雑菌たちなのです。
 
【こんな人は注意!】
 
・ゴムやビニールの靴を履く人
ゴムやビニールの靴は通気性が悪く汗や体温を溜め込みやすいため、雑菌がどんどん繁殖してしまいます。
 
・毎日同じ靴を履く人
毎日同じ靴を履いていれば、日を重ねるごとに雑菌が繁殖します。
 
・靴下が清潔でない人
汗をかいても靴下を履き替えないでいると、雑菌が繁殖して臭いが強くなります。
 
・角質がたまっている人
角質は自体は臭いませんが、厚くなった角質に菌が侵入して分解されてることで、嫌な臭いが発生してしまいます。細い靴やパンプスで足を締め付けている女性は、血行が悪くなって角質がたまりやすくなるので注意しましょう。
 
【においの対策方法】
 
<足を清潔にする>
雑菌の繁殖を防ぐには、足を清潔な状態にすることが重要です、特に足の爪を切らずに放置している人は要注意です。足の爪の間に詰まった垢は、雑菌たちの格好の餌になります。足の指の爪はこまめに手入れして、垢もきれいに取り除きましょう。
 
<同じ靴を履き続けない>
毎日同じ靴を履いていれば、日を重ねるごとに雑菌が繁殖します。複数の靴を日替わりで使用したり、職場などでは靴を履き替えるなどしてみましょう。
 
<通気性の良い靴下を履く>
綿、麻、絹、ウールなどの天然素材でできた靴下は、化学繊維のものに比べると吸湿性に優れており、足の臭いを改善してくれます。
 
おすすめ商品
Sock wellの靴下はメリノウールという湿度調整機能のある素材やバンブーレーヨンという抗菌作用のある素材を使っているので匂い対策にも最適です✨