~コラム~躓きの原因と対応

最近よく躓きやすくなったというお悩みで来店されるお客様がいるので今回は躓きやすい原因と対応についてお話ししたいと思います。
 
 
躓くときに考えられる原因
 
・筋力低下によるもの
転倒の主な原因は、ちょっとした段差でのつまづきで激しい動きなどは関係ありません。
筋肉量が減ったり、関節の稼動域が狭くなることは、自然なことです。
ただ、若い頃のイメージのまま歩いてしまうことで、
つま先が思ったより上がっていないために、つまずくということになるのです。
 
・靴が足に合っていない、紐をちゃんと結んでいない
足に合わない靴は、足の動きについてきてくれません。
足は上がっていたのに、靴は上がっていなかった。 だからつまずいた、ということになってしまうのです。
または、足に合わない靴を、脱げないように、脱げないように、足が無意識に動いてしまうパターン。
いずれも、足の機能に問題がなくても、靴に邪魔されているという現象です。
靴が足に合ってい靴紐をちゃんと結んでいないと同じように靴に歩くのを邪魔されてしまいます。
・躓きやすい人にオススメの靴選び
まず上記の通り足に合った靴を選ぶ必要があります、そのうえで見ていただきたいのが
1、つま先が少し上がっている靴(ローリングするかどうか)。
つま先が少し上がっていると蹴り出しがしやすくなり自然と足が動きやすくなります。
2、靴底が適度に曲がるかどうか
底が固すぎると踏み出しにくくなりすり足歩行になりやすくなります。
 
躓きやすいと感じる方はぜひ以上のことを意識して靴選びをしてみて下さいね。