歩きやすいパンプスを選ぶコツ

こんにちは、快足屋広島本店です
この時期、突然必要になることも多いパンプス、皆さんは歩きやすいパンプスをお持ちですか 当店でもなかなか歩きやすいパンプスが見つからないと来店される方も多いです。
1番は店員に足のサイズを測ってもらい靴を選んでもらうのが良いですが なかなかそういうことも難しい方に今回は5つのポイントで歩きやすい靴の選び方を紹介します
1、ヒールの高さは4cm以下に ヒールが高いほど指の付け根への負担が増大し魚の目やタコの原因になることもあります。
2、ストラップ付きのものを ストラップが付いていないパンプスだと知らず知らずのうちに靴の中で足が滑ってしまいそれを防ごうと
足の指先で踏ん張るような癖が付いたり、歩き方が不自然になることがあります。
3、甲を覆うデザインを選ぶ 足指が見えてしまう靴だと脱げやすくなったり指が窮屈で圧迫した状態になってしまいます。
4、太めのヒールを選ぶ 接地面積が広い形は体重を足全体で分散して支えることが出来るため、太いヒールやウェッジソールは 足元のぐらつきや局所的な衝撃を和らげてくれます。
5、底は硬くしっかりしたもの 靴の底を中から指で押してみて靴底が曲がらない底がしっかりとしたものがいいです。 底が柔らかいと衝撃がかかりやすく足底への負担が増大します。
以上が歩きやすい靴の条件ですが他にも気になることやお悩みなどありましたら いつでも気軽に質問しにきてください