足のニオイは靴と関係がある?

足のニオイの原因は汗によるムレですが、靴の選び方によって、そのムレを軽減することができます。ニオイを防ぐ靴の選び方を知っておきましょう。
 
①足に合わない靴がムレを招く。
 
ニオイを防ぐには、靴の中のムレをできるだけ抑えることが大切です。
それには、靴のサイズが関係しています。
自分の足に合う靴を履くと、ニオイにくくなります。
靴のサイズとニオイが関係があるのか不思議に思う
かもしれませんが、秘密は「靴のポンプ作用」にあります。
自分の足に合ったピッタリの靴であれば、歩行時に地面を踏み込むことで、靴の中の換気が促されます。
これが「靴のポンプ作用」です。この働きによってムレにくくなり、ニオイを防ぐことができます。
きつすぎる靴は足にとってストレスになりストレスになる為、適切ではありません。
ゆるめの靴は通気性がよさそうですが、ポンプ作用が働かず、換気が悪く、ムレが解消されにくい。
 
②靴の材質や加工によってニオイやすいこともある。
 
防水加工がしてある靴はムレやすいです。
水の侵入を防ぐために通気孔がかなり小さく、湿気がこもりやすいからです。
また防水用のスプレーを使うと、通気性が悪くなることもあります。
できるだけ通気性の良い靴を選ぶようにすると良いです。
汗をかいて靴がムレたときは、短時間でよいので靴を脱ぎ、乾燥させるとニオイを最小限に防ぐことができます。
 
ニオイ解消の良い方法としては
 
①帰宅したら、すぐに洗う。
②足の指の間を丁寧に洗う。
③酢で足浴をすると効果的。