靴選びのチェックポイント

こんにちは
 
皆さんは靴を正しく選べていますか?
試着した時はよかったけど実際に履いて歩くと靴ズレで痛くなったりタコができたことはないですか?
 
本日はそんなか方必見の靴の正しい選び方についてお伝えいたします。
 
①つま先の捨て寸
靴のつま先にはゆとりが必要になります、このゆとりのことを「捨て寸」といい
通常女性の場合1cm~1.5cmのゆとりが必要になります。
※捨て寸は多くても少なくてもトラブルに繫がります
 
②つま先の上部
つま先には厚みも必要になります。履いてみた時に指の上部があたっていないか確認してみて下さい。あたりがある場合圧迫につながります。
 
③幅の締め付けは適度か
足の幅は通常親指と小指の付け根が一番広くなります、この部分がしっかりフィットしているか確かめてください。外反母趾の方は柔らかい革のものをえ選ぶと負担が軽減します。
※幅は広すぎると足が横にゆれ易くなり狭すぎると圧迫をおこします。
 
④甲のフィット感
甲の部分は足と靴に一体感を持たせるのに一番重要になります。紐のあるくつであればしっかり紐を締めフィット感が持てるか、紐が無い靴なら履いた時に圧迫や隙間が無いか確認してみてください。
 
⑤かかとのフィット感
かかとも大きさや形など一人一人違いがあります。
試し履きした際にかかとが押さえつけられて痛くないか、緩くてスレていないかしっかり
チェックしましょう。
 
⑥くるぶし
靴の履き口の高さがくるぶしに当たらない位置かをチェック(特に外くるぶし)。もし当たりを感じれば擦れる原因になります。
 
以上のチェックポイントをしっかりおさえて靴選びができるとより快適な靴に出会えるでしょう☆